2017年自分を成長させた10代ニュース①災難を経験して

2017年12月20日に20歳に!やっと成人できた出村賢聖です!
先日合同会社DKT代表として、振り返りに昨年立ち上げたGirls Art Projectと2014年から研究しているHappy Miniの2大ニュースを書きました。

2017年は10代最後の年として2大ニュースに加えて、自分を成長させた個人的なニュースについても振り返り、書く事にします!病気、家族の事故、介護。この3つを10代最後の年に一度に経験するとは思っていませんでした。同年代や起業しようとしている方、同じような経験のある方にも読んででもらえたらと思います!

中高生の頃から、風邪の熱は気合で治すものだと思っていました。病院とは無縁の生活を送っていた私ですが、昨年は自分と家族が身体的トラブルに見舞われ、病院に足を運んだ最悪の年でした。

3. 自分の胃腸炎

virus_fukutsuu22月中旬に胃腸炎に。過去19年間、ハードワークは当たり前で、胃が痛くなったことはありませんでした。
2月にデスマーチで睡眠不足。大人であればお酒を飲んでストレス解消という方法もありますが、未成年なので暴飲暴食でストレス解消。これが原因だと思われます。「起業は体調管理も仕事のうち!」

4. 母の交通事故

ロボカップジャパンオープン一週間前に、母が交通事故で入院しました。自動車も大破してしまったので交通手段は歩きとバスのみに。マウンテンバイクを購入し今度はバスを使わず自転車だけで移動。自宅から病院まで10km離れており、入院の準備を往復3時間かけて行いました。
インドア派の出村が以下のタスクを毎日することに。
18268465_1494585113949383_3984210685731819356_n1. 入院の準備のために徒歩と自転車で20kmの往復
2. 深夜2時まで研究所で人工知能ロボットの共同研究
3. 家事(料理、洗濯、掃除)、買い出し

運転免許取得の必要性を実感したので、早急に免許合宿を申し込みました。
休む間もないハードワークが裏目に出て、運転免許合宿1日前に40°の高熱を出してしまいました。
合宿の初日はほとんど声がでず、高熱のときに模擬試験対策もあり、大変でした。合宿開始から3日後に調子は良くなり、仮免を最短で取得。

安心するのもつかの間、免許合宿中に孫正義育英財団から
「5月25日までに最終審査のためにプレゼン動画二本と既定のプロフィールを作成して提出するように」
というメールが届きました。2次選考が終わっていたので、あとは5月の判断を待つだけと思っていたのですが、突然選考が増えてびっくり!プロフィールはすぐに作成して提出できたのですが、動画はスマホや自撮りで簡単に撮影できない形式になっており、困りました。合宿中で撮影機材がないとメールを書き、提出期限を最短合宿終了後の5月28日まで延期してもらいました。
しかし、今度は「最短で合宿免許を取らないと奨学金がもらえなくなる」というプレッシャーが!!!結果最短の27日に本免許合格! 🙂

 

unten-menkyo

今までジムの行き帰りや研究所までの移動は母が自動車で送迎してくれましたが今度は自分が人の送り迎えもできるように!!!

現在は母も後遺症もなく元気です。動画を2本を作成して提出し、孫正義育英財団は最終審査合格。合格後のことは次回書きます。
起業して成人する前に災難を経験したため、今後の仕事で良い教訓になったと思います。
その後自分は健康について詳しく調べて行動しました。ヨガ、筋トレ、健康食材、等々調査していろいろ試しました。
しかし、健康のために始めた筋トレもやりすぎてしまい、反対に筋肉を痛めてしまうことも。。。

やりすぎに注意!(笑)

長くなったので続きは次回のブログで。あとの6つを順番に報告します。

5. 1人暮らしの祖母の認知症

6,孫正義育英財団

7. DKTロボットスクール2017

8. KIT Drone Project

9. IPAセキュリティワークショップ

10. Quora

2017年D.K.T.2大ニュース(後編)Happy Mini

2017年8月を境に合同会社D.K.T.は石川にこもることなく、全国、世界で活動をしています。

D.K.T.代表の出村賢聖です。合同会社D.K.T.の2大ニュースのもうひとつは自律型生活支援ロボットHappy Miniの研究です。

2014年からの研究の成果が2017年に

kyoudou

Happy Miniの研究開発はロボカップジャパンオープン2014、16歳の頃から行ってきました。ロボカップ世界大会では2015年から大学の研究室で研究チームに加わり、初年度から大学生や院生、教授を上回る得点をあげ、チームの成果向上に貢献してきました。しかし、高校生だったので夢考房ジュニア研究員、ただのインターンという扱いで、大学生のような恵まれた待遇ではありません。
2017年は合同会社D.K.T.を設立したためとりあえず対外的には共同研究という一人前の扱いになりました。している事は営利を伴わない研究なので全く変わりませんが。。。。

5月 : ロボカップジャパンオープン

happymini-boo

 

 

 

 

 

 

 

私がHappy Miniの紙の絵本読み聞かせシステムの研究を3年間行ってきました。今年のHappy Miniの絵本読み聞かせシステムの改善点です。

  1. 絵本が1ページ1-3秒と高速に読めるようになった。
  2. 文脈の内容から感情を込めて読むことができるようになった。

詳しくはロボカップ世界大会NVIDIA展示ブースで発表したスライドをご覧ください。

 

5月 : 学会誌

gakkaishi

日本ロボット学会誌5月号ROS特集号「RoboCup@homeにおけるROSの利用」について金沢工業大学教授と共同執筆しました。https://www.jstage.jst.go.jp/article/jrsj/35/4/35_35_295/_article/-char/ja/ 一昨年はシリコンバレーからskypeで自動制御計測学会で研究発表を英語で行いましたが、今回は学会誌の執筆です。今後は論文を執筆していきます。

6月 : ハードウェアのフル自作

happymini-cad

ハードウェア担当の大学生が学業で忙しく作れないため、急遽大会1カ月直前からロボットの製作を担当することになりました。
四六時中Happy Miniのやすりがけをして、一層Happy Miniへの愛が膨らむ!詳細はまたの機会に!

6月 : ロボット人工知能ハッカソン

robot-hackathon

NVIDIAがHappy Miniチームのスポンサーになりました。ただ、学生さんはNVIDIAの最新機器の使い方がわかりません。そこで、行いました。

7月 : ロボカップ世界大会

ドイツのチームHomerの指導教員からFacebookで
「ロボカップ世界大会でロボット同士のコラボしないか」
という話が指導教員である教授に来ました。(英語で)
教授が「”メインエンジニアの賢聖に直接話してくれ”とドイツチームの指導教員に話した。賢聖くんお願い!」
と私に依頼がきたので、自分が話をすすめることに!LisaとHappy Miniがコラボし、Homer チームは優勝!

happymini-tewatashi

今年は学生参加ではなく参加費が割高の一般参加としました。会社設立したためです。MOOCでオンライン学習したり、営利を伴わない研究開発の毎日なので、学生起業家より学生らしい生活ですが。

11月 : SIGVerseシミュレータの開発

初めてHappy Miniの研究開発に取り組んだのは私が16歳の時で、RoboCup@homeシミュレーションリーグに参加したときでした。
その後、SIGVerseの開発者になりました。昨年はドローンをSIGVerseに対応させて強化学習の環境を開発しています。今後のHappy Miniの研究開発でSIGVerseを活用する予定です。

DKTの振り返りと今後の意気込み

dspace2015年にロボットエンジニアとしてシリコンバレーに行き、帰国した後は、起業投資だけでなく、大企業、スタートアップ等から良いギャラや条件での仕事のオファーの話もありました。
しかし、Happy Miniの研究開発がしたかったため、石川に籠ってロボットの研究開発を行うほうを選びました。ロボカップ世界大会2017終了後は、石川でのHappy Miniの研究が一段落したと実感。

2017年8月を境に合同会社D.K.T.は石川にこもることなく、全国、世界で活動をしています。

今後ともよろしくお願いします。

2017年D.K.T.2大ニュース(前編)Girls Art Project

【ロボットの産業革命は女子が担う!】
。。。と直感したので

2017年に女子のためのロボットのコミュニティ発足させました!

目的の詳細を知りたい方はここをクリック

 

clione-robot-new

clione-sketchあけましておめでとうございます。D.K.T.代表の出村 賢聖です。今年もD.K.T.の事業の振り返りを行います。

2017年は自立型ホームロボットHappy Miniの研究開発と女子のためのロボットコミュニティ運営、Girls Art Projectが二大ニュースです。
Girls Art Projectは2017年の6月に金沢から発足しました。

いきさつhappymini-kokaku

2015年の攻殻機動隊コンテストで自分は女子アーティストとロボットを創りました。当時自分は17歳の高校生ロボットエンジニア、そして美大生の女子アーティストで今まで見た事のないロボットデザインが誕生!

ここで、出村は気が付きました。

女子 x ロボットの可能性は無限大。

女性 x ロボット = ロボットのデザイン革命では?そして、
「女子がロボット界参入により、ロボットの産業革命が起こる。」という仮説がうまれました。そしてD.K.T.で「どのようにしたら、女子 x ロボットを実現できるか?」を考えました。

案1: 女子限定ロボットアイデアソン。

アイデアソンinKIT

実は女子限定ロボットアイデアソンを始める前の一昨年、このアイデアについて石川在住の国際的な起業家でクリエイター(50代男性)に相談しました。アート系イベントなども企画されている方なので女子美大生を紹介してもらえるかなと思ったためです。

「ロボットアーティストではなくロボットデザイナーだよ」
「新しいロボットデザインは男でもできる。」
「それでもどうしてもやるなら(女子美大生はアイデアを出せないから)アイデアはある程度こっちできめて誘導しないとだめだよ。」
と女子美大生を紹介してもらえるどころか、女子のロボットアーティスト自体を大否定され、

「頭が壊れるぐらい考えろ」

と言われてしまいました。ロボット業界に女子の参入が少ないのは女子を受け入れない中高年男性文化があるからだと再認識。
若い自分が女子をサポートし、ロボット文化を創っていく必要があると思いました。

そして、実際に女子会風アイデアソンを開催すると。。。。
19146215_1926558477624112_5223572761846487400_n

今までにないロボットアイデアがたくさん出てきて、みなでワクワク!

22141328_1661448807258954_2931296285789653066_n

「女子学生からはアイデアがでない」
という有識者の忠告とは真逆の結果が!!!

実際にアイデアソンを開催した結果、たった2時間のアイデアソンで今まで見た事もないロボットアイデアがポンポン生まれてきました!昨年は金沢工業大学アントレプレナーズラボ、HiveShibuya, でティータイムアイデアソンを行いました。

案2 : イケてる若手女子アーティストからコラボの話。

一昨年から電話やSNSで話し合いが持たれ、ガールズアートプロジェクトの第一弾としてプロのアーティストが女子学生を指導し、今までにないロボットアート作品を皆で創っていくという提案がありました。昨年1月にその女子アーティストがマネージャーと一緒に金沢に訪れ、打ち合わせをしてくれるという事だったのでその話を進めていく予定でいろいろ考えていましたが、直前でなくなり、ふりだしに戻ってしまいました。

案3 : ハッカソン。

サマーサイエンス

数々のロボットアイデアが実現!

昨年8月に金沢工業大学のサマーサイエンススクールで開催。たった2日間で女子中高生のみのチームが自分達で考えたロボットアイデアをイラストや3DCGを使ってデザインにし、発表!

女子高生ロボット2

加えて、デザインをロボットとして形にも!(アーテックのロボットキットを使用)

女子が今までにない斬新なロボットを作製できることがこのハッカソンで証明されました!

今後の展開

clionerobot

現在は金沢の女子高生チームがロボカップジュニア金沢ノード大会に向けてロボットの製作を行っています。斬新なクリオネロボットです!これはアイデアソンで、参加した女子達の数々のロボットアイデアが結集して形になったもの
しかも、金沢のクリスマスロボット中間発表会ではこの活動を応援してくれる方が現れました!スポンサーの中村圭介様、大変ありがとうございます。

そして2018年1月4日にはHiveShibuyaに続き、渋谷キャストで2つ目のGirls Art Communityが誕生!

他にも紆余曲折あり、若い自分には無理だと落ち込んでやめようと思ったこともありました。そういう時は事務局に助けられ、なんとか続けることができました。あきらめずに続けてきてよかったです!

これからもGirlsのロボットコミュニティを広げていきますのでどうぞご協力お願いします。

 

ロボット中間発表会&クリスマス交流会 in 金沢

DKT代表の出村賢聖です!
12月24日ガールズアートプロジェクト交流会が決定しました!

場所 グランパレス武蔵が辻10階

granpalace

タイムスケジュール(内容はロボットの準備状況などにより当日変わります。本番ではないのでゆるく行いたいと思います。)

14:00~15:00

ロボット発表会&ワークショップ
製作中のロボットの発表、参加した女子達からロボットの感想をゆる~く集めてさらにブラッシュアップ!また、ロボカップジュニアの技術委員、メンター経験者、出場経験者の私からのロボカップジュニア参加のための質疑応答等もゆるく行います。女子高生チームのロボットはSNSを通じてしかまだ見ていないのですが、今までに見たことのない新しいロボットなので楽しみです!

15:00~17:00
クリスマス交流会

christmas-usagi
軽食をしながら、世代や立場をこえて楽しくおしゃべりやゲームをし、プレゼント交換などを行います。
交換をしたい参加者は目安として400円程度のプレゼントをお持ちください。手ぶらでも2個以上持って来てもOKです。

※今回中村圭介さんがスポンサー協力してくれることになりました。場所に加え、パーティのためのフードなどの資金提供してくれることになりました。大変ありがとうございます!

12月23日追記 お陰様でオシャレでアートな女子がクリスマス会をするのにぴったりのフードやドリンクを用意することができました!

 

 

 

ガールズアートアイデアソン in 渋谷

DKT事務局です。9月30日、10月15日とHiveShibuyaでガールズアートプロジェクトのアイデアソンの簡単な運営レポートです。
22141300_1661448790592289_7649042492738972432_n
未成年の女子にとって「学校開催」は気楽に参加できる場所ですが、DKTは関東に学校関係のつてはありません。そこでDKT代表が高校生当時の2年前によく通っていたEastVentures とSkylandVenturesの運営するコワーキングスペースで開催することになりました。

22046139_1910940725834764_4057751248331310989_n

イベント当日、最初目に入る看板は埃をかぶっていて。。。入ってすぐに正面にあるのはゴミ箱と段ボールのゴミ。。。。まあ、作業場ってそういうものですが。。。女子がイベントする場所には。。。。イケてないです💧
女子が学びたくなるロボットスクールというアンケートに

清潔感のあるところでスクールを行う

という返答があったのを思い出し、看板を拭いて、ゴミ箱などの汚いものをボードなどで隠したり、掃除をすることになりました(笑)
またホワイトボードなどで囲い、他の作業者が見えないようにし、隅に追いやられていた若手女子アーティストの絵を引き出して飾って。。。ぬいぐるみをソファに置いて。。。。注文した可愛いカップケーキを置いたら、なんとかガーリーな感じに❤

22195742_1911228545805982_4726621326021265390_n

また、スポンサーからのグッズも、会場に華を添えました。

22104430_1910925319169638_8695373498128929472_o

SkylandVentures様ありがとうございます!

イベントはもう。。こんな感じ♪ 楽しいです22310588_1917246628537507_910338177778808867_n

アメリカや金沢のSkype参加者ともノートパソコンを通じで交流。
GAPHive

22489817_1917246691870834_6297769094885532526_n本当に素晴らしいガールズが集まり、斬新なアイデアを交わしています!!!
11月も開催予定です。よろしくお願いします。
ーDKT事務局ー

アイデアソンで生まれたアイデア

DKT代表の出村賢聖です。
6月のガールズアートアイデアソンで

自分のアイデアがロボットになったらうれしい♥

と参加してくれたUさん!

22008046_1655213694549132_1952547882981296094_n

会場で渡したクロッキーブックに彼女一人で書いたアイデアがたくさん!

22046009_1655213667882468_3539334461536588216_nおおっ!ふわふわしていてかわいいな~こんなロボット作りたい。飛ぶのはドローンを使えばいい。掃除どころかドローンだと風で紙とかを部屋にまきちらかしちゃうかも。

21764724_1655213637882471_8887259406687660692_n

ほこりならドローンの風で巻き散らかせておとすことができるかも(笑)机クリーナーぐらいならできると思うが、床はよごれる。

21765249_1655213604549141_116987281021778217_n

スイーツを食べながら雑談という、2時間程度のゆるい女子会風ティータイムアイデアソン。他の人のアイデアを聞くことによってさらに自分のアイデアが膨らんで行き、楽しいアイデアがさらにどんどんでててくる!

アイデアソンin KIT2

このスーパーアイデアガールは石川県の小学3年生。

「年齢はバラバラでも和気あいあい」

の女子会風アイデアソンで生まれた。

そして9月には、桑沢デザイン研究所やアメリカのスタンフォード大学やマサチューセッツ工科大学に学部留学しているスーパーな女子学生がこのガールズアートプロジェクトに参加。

9月30日15:00(14:30受付開始)からGirls Art Ideathon in HiveShibuyaが開催されます!

申し込みはこちらをクリック

 

女子会風アイデアソン

DKT事務局です。

女子会風のゆるいアイデアソンってどんなかんじ?って思っている人のために簡単に前回の報告。

アイデアソンinKIT6月は金沢工業大学内で開催されたので、HiveShibuyaで開催するのとは大分違うかもしれませんが参考までに。

開始30分前から受け付けが始まり、参加した女子はアップルティーを飲みながら雑談。全員一人応募だったため、最初はよそよそしく~このお菓子おいしいよとか~そんな感じでゆっくり対話。

バイトがあるので遅れると連絡済みで参加するガールもいたので、メンバーが揃うまではお菓子を食べながら雑談。
最年少小学3年生の参加者は最初緊張からお母さんを近くに呼んだりしていたものの、スイーツを配ったあたりからだんだんとリラックス。
高校生と大学生が雑談すると~やはり受験の話とかになったりもしていました。高校生は「大学の実情」なんかも教えてもらっていたようです。うちの大学は1年生からいろいろできるよ~みたいな話になって、(そんな話をしたら)「うちに皆来なくなっちゃう」と金沢大学の女子が心配そうに言ったり~
19225316_1926558464290780_1205403226919940575_n

アイデアソンではまず、ファシリテーター役の大学生がロボットの歴史について本を見せながら話したり、ペットロボットAIBOのデモを見せたり、パソコンで検索してさらに調べたり、それで参加者たちはイメージが沸き上がってきました。

19146215_1926558477624112_5223572761846487400_nそしてそれぞれのロボットのアイデアをクロッキーブックに書いて、発表。
この時にはもうすごいワクワクの空気!
みなのアイデアがアイデアを生み、大盛り上がり!

研究室で出したら教授や男子に即座に却下されそうな意見でも、ここでは言って皆に大きな共感を得られる!
そしてさらにブラッシュアップ!

関東の女子はぜひ9月30日のGirls Art Ideathon in HiveShibuyaにご参加を!

 

 

女子限定!参加者募集!

 9月18日追記
girls_art_ideathon.al

野上舞子さん作のアイデアソンイベントのフライヤー第一弾できました!チラシのドラフトを金沢のガールズメンバーにSNSで聞いてフィードバックを得るなど、自然に女子の楽しい全国コミュニティができつつあります


?年前にガールだったDKT事務局からイベントの説明をさせて頂きます。

ティータイム ガールズアートアイデアソン

スイーツを楽しみながら女子だけで気楽にアイデアを出し合いませんか?

cupcake&styleCupcake&Style Japanのおいしくてアートなスイーツを用意してお待ちしています

女子がデザインする未来のホームロボット

女子が学びたくなる新しいロボットスクール

二つのテーマでアイデア出しを行います!
日時:9月30日15:00~17:00(14:30開場)
hive2017

Place:HiveShibuya

〒150-0043 東京都渋谷区 道玄坂2丁目10-12 新大宗ビル3号館531 号

電話: 090-6023-0760

参加費:無料

募集人数 16名(定員になり次第締め切りますのでお早めにお申し込みください)
持ち物:25歳以下女子限定イベントのため、身分証明をご持参ください。筆記用具

18951044_1525622424174927_1129577843136376252_n※既に自分のデザイン画などがある方、デザイン作成の経験がある方や発表を行いたい方はご愛用のスケッチブックやペン、ノートパソコンなどをお持ち頂ければと思います。
パワーポイントも利用できます

ホワイトボード、ドリンク、スイーツはこちらで用意します。

Girls Art Project アイデアソンガールズ

アイデアソンガール今回のアイデアソンでHiveShibuyaでファシリテーションをつとめることになった野上舞子です。

現在桑沢デザイン研究所でUIデザインを学び、大学の起業サークルや企業インターンなど忙しいけどワクワクする毎日を送っています。
アイデアソンではスイーツとお茶を楽しみながら女子会ノリのゆるくて楽しいイベントにしたいと思っています。
みなさんとアイデア出しできるのを楽しみにしています。

土曜の午後に私達と一緒に今までにないロボットのデザインのアイデアを出し合ってみませんか?


skypeガール会場にはいけませんが、米スタンフォード大学からskype中継参加させて頂く佐野めぐみです。大学では神経科学、認知科学、情報工学などを勉強する予定です!発達の研究や国際青年脳科学協会の副代表をしています。ロボットは精神科学の分野でも使われ始めているので、人とのコミュニケーションをメインとした魅力的なロボットができるのを楽しみにしています

6月に金沢で行われたガールズアートアイデアソンは大盛り上がり!
19113580_1535777003159469_2010124349055361267_n
既成のロボットの枠にとらわれない女子たちのロボットデザインは画期的!!こんなかんじで気楽に楽しくやりたいと思います

ロボットやアートに興味のある女子のご応募お待ちしています

申し込み方法 以下のページから申し込みをお願いします。

ここをクリック

申し込みには氏名とメールアドレス、学生の場合は学校名と学年を明記お願いします。

Girls Art Project ←新しい情報はここにアップ。クリックしてご覧ください
21584074_1638573652879803_591270532_o

主催:合同会社DKT

協力:HiveShibuya (EastVentures, SkylandVentures)

 

 

ガールズアートプロジェクトin Hive Shibuya

渋谷で9月30日にガールズアートアイデアソン開催が決定しました!!!

9月11日にスタッフの初顔合わせをHiveShibuyaで行い、イベント企画で盛り上がりました!21557099_1638573722879796_3558654_o

第一弾は金沢工業大学の産学連携プロジェクトとしてを25歳以下の女子限定でロボットアイデアソンを行いました。

「とても楽しかった」。

「年代は違っても女子だけなので和気あいあい」

という感想を参加者のガールズから頂きました!

そして

「デザイン系女子にも参加を呼びかけ、もっとアートっぽくしてほしい」

「全国、世界にこのコミュニティを広げてほしい」

という要望がありました。

21622294_1638573306213171_94975082_nそこで今回はイケてる若者の街渋谷で初開催!

しかもアイデアソンガールとしてファシリテーターを努めるのはアート系女子の野上舞子さん!!!

桑沢デザイン研究所のカッコイイアート系女子です!

彼女は学生団体の活動や企業インターンが忙しい中、さっそくイベントのポスター&チラシを作ってくれると言ってくれました!

21622267_1638573476213154_1827257138_nそしてもう一人!アメリカからskype参加をしてくれるガールは佐野めぐみさん!!!
慶応の付属中学で育ち、英国の高校を経て、米国のスタンフォード大学に進学という国際的な経歴。ヨガのインストラクターもしているフレンドリーな女子です!
「ガールズアートプロジェクトはとても魅力があるのでスタンフォードの学生は興味持つはず。このプロジェクトに誘いますので、いろいろ国際的なコラボをしていきましょう」

といううれしい提案をしてくれました。

スタンフォード大学とのコラボ!!!ワクワクしますね!!彼女も渡米4日前という超多忙の中での顔合わせでした。

開催場所はSkylandVentureresとEastVenturesが運営するコワーキングスペース「Hive Shibuya!」
12036837_930283440375498_8672237040452800060_n

happymini-kokakuここは2年前に新鋭女性アーティストKathmiとDKT代表の出村賢聖が初コラボ。Happy Mini攻殻機動隊バージョンがつくられた場所でもあります。

 

金沢に引き続き、東京でもステキな女子二人がアイデアソンを企画し、Coolな会場を提供して頂けることになりました。

女子が主役のプロジェクトのため写真を撮らせて頂くのを忘れてしまいましたがSkylandVenturesの代表木下慶彦さんもご多忙の中顔合わせに参加頂けました。開催場所の提供を快諾して頂きありがとうございました。ガールの写真の右後ろで足を組んでいる姿が写っていました。たまたま入ってしまった写真の公開で大変すみません(__)
21585452_1638573169546518_183701813_o

顔合わせの簡単な報告レポートですので詳細が決まり次第またアップします!

―DKT事務局―

21584074_1638573652879803_591270532_o

女子限定!ロボットイベント

DKT事務局です。ガールズアートプロジェクトの初企画は紅茶やお菓子を楽しみながら女子会のようなアイデアソン!

女子限定だから気軽に申し込み

直前のイベント募集となってしまい、チラシの公布などは間に合いませんでしたが、金沢工業大学が学内ニュースや学内にポスターを置いて広報して頂けました。
金沢大学の久田伊万里さんが心を込めて作ったポスターです。その結果、女子高生、女子大生、から申し込みがあり、女子小学生からも申し込みがありました。
DKTロボットスクールでは19歳以下のロボットイベントを金沢工業大学内で過去に何度も行っていますが、女子高生と女子大生の申し込みは初めて。しかも申込者は全員高校や学部の違う個人申し込みでした。「女子限定」なので安心して一人で申し込んだようです。

男性スタッフはヘルプに徹した

初対面の女子同士すぐに打ち解け、楽しんでほしい。
そこで男性スタッフは準備や買い物、お茶出しなど、アイデアソン中は入っていかずに、遠くからヘルプするようにしました。
ロボットがあった方がアイデア出しのきっかけになるだろうという事で、KITロボティクス学科の出村教授は研究室のロボットAIBO2台を調整して持ってきました。
イベントの準備で早く来たスタッフの女子大生二人は初めて見るAIBOのその可愛い動きに大喜び!
その後、ロボットを手に取って夢中になって機能を確かめ、いろいろ話していました。19225438_1535777333159436_6142775223658677129_n

ロボットを通じてあっという間に親しくなっているガールズスタッフ。これを見てアイデアソン成功する!!!と確信しました。

ガールズアートアイデアソン金沢で、アイデアソンはこのとおり、楽しい感じで大成功!
次はいつにするかという話が参加女子から持ち上がる!!!

また、読売新聞からこのプロジェクトへ取材が来ました。
高梨しのぶさんという女性記者。
下の写真は新聞の撮影のためにKIT産学連携課の西川紀子さんが照明を移動時、照明が外れそうになり、支えに入る永島一輝さん、冷静に判断し、直しに入る高橋奈々さん。それを見守る参加者達。。。という光景です。
ガールズアートアイデアソン金沢2jpgちなみに男子スタッフの永島さんはKITの院生で午前中はロボカップジュニアKITノード長として大会運営もしていました。
ロボカップジュニア石川このような素晴らしいメンバーでこのガールズアートプロジェクト始まりました。大変ありがとうございました!!!

女子が出した新しいロボットの斬新なアイデアはたくさん!
乞うご期待!

ーDKT事務局ー

Joint to the World !