移転予定!フューチャーホームラボ&ロボットショールーム

渋谷のショールーム引っ越し予定!
現在新しい場所を探しています!

また、見学(予約制)も受け付けています!

5月28日にハッチェリー渋谷に訪問して説明を受け、Girls Art Projectのコミュニティ施設として6月1日DKTは入居しました。

①土日も含め24時間使える
②賃料無料
③大きめの部屋
④JR・地下鉄渋谷駅から徒歩5分
⑤セキュリティ万全
⑥広報会社の協力があり、日経大の女子大生達を集めてくれる。

施設がやや古いため、カーペットや壁紙に変色や汚れもあり、
きれいでない部屋でしたが
このような好条件がそろっていたのが入居の理由です。

Girls Art Projectで綺麗な部屋にしていこう

と夢に燃え、フューチャーホームラボ&ロボットショールームとしました!

しかし、入居してみてわかったことがありました。

①土日も含め24時間使える

土日、5時以降のお客様が来る時間帯に施設の管理者が帰るため、入り口が締まっており、訪問客や宅配業者がそのまま入れない。
ご提供頂いた部屋のインターホンは壊れており、未だに直して頂けないため、お客様にはSNSや電話などで到着を連絡して頂き、毎回私達が3階からおりてドアを開ける。

②賃料無料

月々名目の違う賃料のようなものが施設側から徴収される仕組みになっていた。電気代は入居前に口頭説明があったので納得して払ったが、管理経費44,518円。。。その他にゴミ収集代、プロバイダー代、インターネット工事代など、各自でする必要がある契約があり、含めると月々7万を超えると思われる。

③大きめの部屋

2部屋分の料金が発生
預託金(敷金のようなもの)として20万円支払い済み
入居前は一部屋10万円と聞いていた。。。
しかし、これは退出する時に全額戻ってくると信じている

④JR・地下鉄渋谷駅から徒歩5分

桜丘というだけに、丘をのぼって施設にたどりつく。エレベーターのない施設なのでさらに3階まで階段を上がってこなければならず、宅配業者も荷物を届けるのに息切れしている。
はじめていらっしゃるお客様にはなかなかのご足労

⑤セキュリティ万全

施設の1階に事務局があり、いないときは入り口のドアが閉まっている。セキュリティは良いが、土日に来るお客様や宅配業者が入れず帰ってしまう事がたびたびあった。

⑥広報会社の協力があり、日経大の女子大生達を集めてくれる

広報会社の女性社員3名が女子大生2名と一緒にアイデアソンイベント、コミュニティに参加!その後参加した広報会社社員がニュースリリースを大学を通じて行った。イベントで2名その後参加大学生が連れてきた女子大生1名、訪れた女子大生は現在3名
また、大学教授2名が見学、VRを体験。日本経済大学の教授も学生さんも大変興味を持ってくださるため、よい関係。今後発展?

そして、中国のロボット大会の参加希望者が面接に来たり、日経大のまんがアニメゲーム部が集団で体験に来たりもするようになりました。

また、愛知や海外からの最先端の研究をしている企業からもショールームに問い合わせがあり、訪問がありました。

現在10月のWRSのフューチャーコンビニチャレンジ出場のためのロボットをリサーチインターン生である小辻さんと一緒にここで制作中です。

そのようなことから、
フューチャーホームラボ&ロボットショールームは

本当に興味がある人が遠くからでも訪れる場所

ということがわかりました。

Girls Art Projectは収益をあげるコミュニティ運営は現在していません。未来のラボ、ショールームとして発展させるためには、地価が高くて思いがけない徴収費用が必要となるこの場所より、お越し頂いた方が本当に楽しめる、ためになる施設にすることに注力したいと思い、移転を考えました。何かよい情報があれば教えてください。スポンサーも募集中です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です