ガールズメンバーが挑戦①バーチャルユーチューバーに!

スクリーンショット (141)今までにない新しいロボットを作る女子のためのコミュニティGirls Art Projectには現在金沢工業大学、HiveShibuya、渋谷キャストの三つのコミュニティがあります。
今年1月にできたばかりのコミュニティ、渋谷キャストのYさんが

今回木下よしひ子というVCバーチャルユーチューバーに挑戦。

Skyland Venturesの木下慶彦氏といえば、26歳(最年少)でファンドを立ち上げたVCとして有名で、U25のシードスタートアップへ多数投資している男性である。
31歳の今も木下氏のファンは多く、業界では有名人である。
「木下語録をかわいいバーチャルユーチューバーに言わせたらおもしろくね?」という事でスタートアップフリークスCEO岡山氏がこれを企画!3日たたないうちに視聴回数1000を超すという人気動画に!

そこで、「バーチャルユーチューバーになって楽しかった」というYさんにインタビュー

DKT:バーチャルYoutuberに興味を持ったきっかけは?

Yさん:. 昨年の12月17日にVRのじゃろり狐娘おじさんが渋谷キャストで話題になり、ちょうどすごく世知辛い時だったんで共感し、癒された。これが最初ですね。(今も世知辛い)
スクリーンショット (102)

DKT:バーチャルYoutuberになぜなりたいと?若い女性なのに

Yさん:顔出しするのはちょっとな~と。ねこますさんもそうなんだけど、自分で自分の外見を選べるのはすごいなと思った。
仕事も結婚も選べる時代になったけど、自分の外見だけは選べない。それを最新の技術でかなえられるのは21世紀っぽくて素敵だなって
自分の好きな姿になれる。そんな未来はわくわくぅ!↑↑

DKT: コスプレの未来版ですね。 VR Youtuberで好きなキャラは?

Yさん:. 特に好きなのはねこますさんとシロちゃん。
ねこますさんは、けもみみ王国に対するパッション。
自分の好きなことに一生懸命な人って素敵💛
「少しでもけもみみ美少女が増えてほしい」というビジョンがすごく尊敬できるし、動画に元気もらえる。自分も社会的心理学を研究しているんですけど、ねこますさんの動画を見て「彼も頑張っているから自分もがんばろう」と思う。

シロちゃんの動画の良さはギャップ。ギャップってイノベーションだと思うんですよ。

ふわっとした女の子がすごく戦闘力が高いという動画がインパクトが強くて、女の子の固定概念を破壊したのに衝撃を受けました。私、今までゲーム実況とか見たことないんですよ。でもシロちゃんの動画で、ゲーム実況の楽しさを知りました。

ちなみに他のバーチャルYoutuberもすごく尊敬しているんですけど、話し出すとキリがないので。

DKT: 本当に好きなんですね(笑)バーチャルYoutuberになってみた感想は?

Yさん: 最高ですね。なりたい自分がそこにいました。

今まで見ている側だからわかんなかったけど、思ったより技術って、なんといえばいいのかな、バーチャルYoutuberも簡単ではないというか、これからもセンシングの技術が発達していくのはすごく楽しみだなと。すごく身近に感じられてよかった!なにより、バーチャルYoutuberに対する愛がね。私もそうだけど、周りの人もすごくて。バーチャルYoutuberが動くことで、みんなが「うわ!かわいい!」とテンションが上がるのが楽しかったです!

超楽しかった。最高!♡

27545607_1834744579929375_2770279381946889224_nDKT: 最後にいちから株式会社のアプリ、「にじさんじ」と今回使用したキャラクターである勇気ちひろちゃんとついてお願いします。
Yさん: にじさんじのアプリはほんとうに使いやすくて、UIが超使いやすいし、可愛いキャラがたくさんいて、気分に合わせてなりたいキャラになれる!のが楽しい。

あとは、かわいいキャラに自分の好きな特徴を入れて自分で見れるのはすごくテンション上がる。自分の作品を作った感!がある。これからも技術力をアップさせてさらに人間に近いバーチャルYoutuberを作ってほしいと思います!アプリリリース楽しみにしています!

次回後編はDKT事務局がインタビューに加わり、女子会風の話題に発展します!お楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です