ロボカップジュニア公式赤外線ボールのご紹介

DKTロボットスクール第2回目ごくろうさまでした.

自宅で復習や予習をするためにスクールで使用した赤外線ボールについてお問い合わせがありましたのでご紹介します.

イーケイジャパンが販売しているRoboCupJunior公式赤外線ボールです.このボールは実際のロボカップジュニアの公式戦で使われるものです.以下にリンクをはっておきましたのでよろしければご利用ください.

なお,赤外線は我々の身の回りでも使われています.テレビなどの赤外線式リモコンにロボットのセンサが反応するか試すと面白いかもしれません.

KITサマーサイエンススクールでロボカップジュニア

2011年8月23日、24日に金沢工業大学で毎年恒例のサマーサイエンススクールが開講されます。石川ブロックは講座14番「キミもロボットサッカーで世界を狙え!」を担当します。講師陣はDKTロボットスクールと同じですが、ロボットを持っていない小学校5,6年生の初心者を対象としているのでDKTロボットスクールの受講生にとっては退屈な講座となるので申し込まないでください。

ロボットに興味のあるお友達や親せきなどがいたら、この講座を紹介してあげてください。

c-styleバージョンアップ

DKTロボットスクールで使っているロボットe-gadget用のプログラム作成ソフトc-styleがバージョンアップしました.

LCDに変数値を使えるようになりました.今まではC言語のコードを埋め込まなければいけませんでしたが,c-styleで簡単に設定できるようになりました.

次のDAISENのページからソフトをダウンロードしバージョンアップをお勧めします.

「デジタル脳」が日本を救う

これからの教育に関係する本を紹介します.ロボカップジュニアの参加されているお子さんをお持ちの方にお勧めします.

元慶應義塾長の安西先生による21世紀の開国論です.日本にずっといるとわかりづらいかもしれませんが,今世の中はものすごい勢いで変化しています.その,一番の原因はインターネットを中心としたデジタル革命です.

googleなどの検索エンジンにより簡単に入る高いレベルの情報,さらにMITなどでは講義の内容をインターネット上で公開しています.インターネットさえあれば,世界のどこでも世界最高レベルの情報を入手できるようになりました.

ただし,その情報を得るためには英語は必須です.もはや,これからの日本人は生きていくために英語を身に着けざるをえません.もちろん,英語が話せるだけではだめで,海外の人と十分議論できるコミュニケーション能力が必要です.

安西先生は,そのために,コラボレーション学習とプロジェクト学習が初等,中等教育で重要だと主張しています.実は大学でも,近年その重要性が認識されており,教育改革の目玉としているところもあります.

まさに,ロボカップジュニアはプロジェクト学習ですし,DKTロボットスクールの目的にグループ学習による人格形成をあげています.「ロボカップジュニア」が日本を救えるよう努力していきたいと思います.

石川ブロック長

DKTロボットスクール第1回

ロボカップジュニア石川ブロック主催のロボット教室「D.K.T.ロボットスクール」が始まりました.ファーストシーズンは8月末まで,毎月第4日曜日に9:30~12:00,いしかわ子ども交流センターで行います.

今日は第1回目だったので,ロボットが何故前に進むのか,ロボットの描く軌跡はどうなるか,ニュートン力学を交えるなど科学的な内容です.

ロボットを動かすラボでは,多くの受講生にとって初めてロボットを動かすことになりました.まっすぐ走らせることの難しさを体験したのではないでしょうか.

スクールのアンケート結果では,93%が「とても楽しかった」,7%が「楽しかった」ので,初回としては成功だったと思います.私も教えていて楽しかったので,次回が楽しみです.

受講生はとても熱心でレベルが高いので,次回までにタッチタイプをマスターしてくると思います.

ブロック長

ロボットスクール・ファーストシーズン開講

石川ブロック主催のロボットスクール・ファーストシーズンが5月22日(日)から開講します。

  • 場所:いしかわ子ども交流センター
  • 時間:9時30分~12時

ファーストシーズンでは、ロボカップジュニアの競技は意識せず、ロボティクスとコンピュータサイエンスの初歩を教えていきたいと思います。9月以降のセカンドシーズンではロボカップジュニアのサッカーチャレンジをテーマにする予定です。

なお、受講者のうちロボットキット購入者へはメールで購入方法等を既に配信済みです。メールを受け取られていない方は、石川ブロック事務局宛てにメールください。

石川ブロック事務局

ジャパンオープン2011終了

試合の様子($%*チームは左側)

ロボカップジャパンオープン2011が5月5日に終了しました.

参加者,メンター,チーム関係者お疲れさまでした.

2010年に石川ブロックとして活動を開始したので,今回の大会が初めての参加となりました.結果は次のとおりです.

$%*(ヨメナイズ)     2分2敗    22得点-18失点 Iコート4位
ノダチュウ          1勝1分2敗 20得点-15失点 Jコート4位
 
順位は5チーム中4位となりましたが,3位チームとの力の差はほとんどありません.
3月末に開催された石川ブロック大会からわずか約1カ月で良くこのレベルまで実力がアップし,参加した子供たちにとって貴重な体験になったと思います.

ただし,1位チームとの力の差は歴然で,2位チームとは1年頑張ればなんとか追いつく差でした.ロボットスクールでの活動を通じて来年のジャパンオープンでは予選突破を目標にしたいと思います.

また,ノダチュウチームは口頭プレゼンテーションを日本語と英語のバイリンガルで発表し,プレゼンテーションの中でも注目を集めレベルの高いものでした.ロボカップは競技会だけではなく,プレゼンテーションなどもありとても教育的です.

なお,来年のジャパンオープンは3月末に尼崎市で予定されています.

ブロック長

$%*(ヨメナイズ)チームのポスター
ノダチュウチームのポスター

 

ノダチュウチームのプレゼンテーションの様子

ロボットスクール受講者決定

ロボットスクール2011前期の受講者が決まりました.

たくさんのお申込みがありましたので定員を増やし,お申込みされた方は全員受講できるようにしました.

なお,4月26日9時5分に受講者全員に電子メールをお送りしました.

メールが届いてない方,申し込み時メールアドレスが不明の方やメールアドレスを変更されたい方は,石川ブロックのお問い合わせ先にご連絡ください.

石川ブロック事務局

Joint to the World !