DKTロボットスクールがオンラインに!

ロボカップジュニア石川ブロックから春休みのロボットスクールを頼まれたため、企画しています。

出村賢聖代表はWebアプリ開発に目覚めたようでDKTロボットスクールのオンラインアプリを製作。

dktonline

皆で集まって活動するスクールと家でするオンラインを組み合わせて本人のペースにあわせた新しいロボットスクールにする。
習い事や宿題など小学生も忙しい。
子供たちは今まで使ったことのない最先端の教材にワクワクするだろう。新しいことに挑戦するのがDKT。

オンラインスクールの案自体は2年前に生まれていた。

11253885_1586018214991994_4926951102383411376_nHackademics2015という教育ハッカソンで、大人のためのロボットスクールを2日間で考え、プロダクトを作った。高校生になったばかりの水橋君とDKT代表とDKT事務局の3人でチームを組み、アプリ開発はおもに水橋君が担当していた。
Hackademics2015主催は外国人の組織、英語が共通語の国際的なハッカソンで、YahooやGoogle等プロのエンジニアも多数出場していたが、二人の高校生エンジニアはものおじすることもなく堂々と発表していたのを思い出した。
11295559_943556088998913_4994086558292152354_n当時はロボットが得意で、Webは苦手としていたDKT代表も今はアプリ開発をするようになった。
水橋君とはその後もセキュリティキャンプ全国大会2016で参加者とチューターで顔をあわせたらしい。現在の水橋君は長谷川君と共に今年度のIPA未踏に採択され、競技プログラミングなどで活躍している長野に住む優秀な高校二年生だ。
中高生から何か好きなものや得意な事をみつけて継続することは大変重要だと感じる。
当時の動画をネットで探してみつけた。子供の教材について答えているDKT代表の言葉は今も変わっていない。

子供達も大人も楽しんで学べるようにすることを
DKTロボットスクールで進めていきます。

DKT事務局

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です